十弐神将

-XII SHINSYOU-

今から俺たちvpするっしょ!
そこの大将やるしかないっしょ!
お前相手じゃ俺なら楽勝!
俺の名前は十弐神将!!
YOYO
雪原に山嵐が舞い降りーる
俺の稲妻でYOUサヨナーラ
おれの好物はカルボナーラ

職業はクルセイダー。

マッドドッグの初代ギルドマスターであり、今は亡きバルナックサーバーが生んだ生粋のラッパー。

彼が雪原で稲妻を落とす度に、痛烈なパンチラインが聴こえてくるというのは、ドラゴンネスト闘技場の都市伝説である。

なお、カルボナーラはさほど好物ではないようだ。

歴史

32キャップ…
ドラゴンネストの職紹介ムービーに魅入られ、クレリック(プリースト)でドラゴンネストを始める。

40キャップ…
闘技場にソードマスターで進出。そのとき、「LION」(ライオンと書いてリオンと読む)という39以下限定PVPギルドを設立し、39以下部屋最強ギルドにのし上がる。当時学生だったため1日平均10時間闘技場にこもり、うち6時間は1:1を立てるなど精力的に活動。そして単位を落とす。このとき階級は中級副官(改変前)。

50キャップ…
補正○のアベレージが導入され、大金をはたいて揃えた装備が無駄になり、一気にソードマスターのやる気がなくなる。そこで親友でもあり戦友でもあったパラディンに懇願し、パラディンの教えを乞う。

60キャップ…
十弐神将デビュー。既にそれなりに動けたため急速に知名度が上がり、当時PVPギルドの中でも有名だった「まじでガチ」に勧誘される。アークビショップネストヘルモードの最速クリアにハマる。

なおこの頃から、後に出来たミッションルームでドヤ顔する連中やそれによって生まれた階級詐欺たちを毛嫌いするようになる。

70キャップ…
戦いに勤しむ。
その間、闘技場で出会った盟友たちと共に第一回バウンティーハンターを開催。ニコ生のゲームランキング10位以内を記録。過疎からまじでガチを脱退。

80キャップ…
第二回バウンティーハンターを開催。
盟友である時給820円と共にオナニーギルド「LEGAL」を作るものの、モチベーションが上がらず休止気味になり、観戦プロになる。

その後、バルナックサーバーとネルウィンサーバーが統合する。

90キャップ…
ジェレイントサーバーPVPギルド「Fantasista」に勧誘され、モチベーションが上昇。

93キャップ現在…
Fantasistaを脱退し、同時期に自身のギルドを脱退したカズさんと共にmaDogを設立し、日々戦場に赴いている。