幼児ヨハネ

-Youji Johane-

自称風早男子

ファランクスの神が宿っている男

第一回 Bounty Hunterでは天地開闢の奇跡という名前で賞金首として参加し、第二回 Bounty Hunter では幼児ヨハネという名前で参加した

周りの強いパラディンの方々にしごかれながら成長していくサクセスストーリを歩むと思われたが2017/2/23現在あまり成長が見られないダメな子

時にはスマイトを外し、時にはコンボを落とし、時にはダッシュ誤爆でどこかへ行ってしまう80キャップからの復帰勢

歴史

-season1-
PSPを教師に没収された僕は買い換えるお金がなくオンラインゲームなら無料で遊べるということでドラゴンネストに手を出した最初に、「jacob」というヲリを作り独りでレベリングをしていた。レベルがなかなか上がらず飽きた、しかし長期休みに入り再びプレイ。
当時やっていたギルド募集イベントに参加し見事ギルドに入ることのできた。しかし、ヲリはあまり需要ないよと言われ、プリーストを育てることになった。それが「幼児ヨハネ」である。この名前は世界史の教科書に載っていた「幼児ヨハネと聖母マリア」という絵画からパクった名前である。
育て終わりアークビショップネストやグリーンドラゴンネストを楽しんでいたがギルドマスターが蒸発し、ギルドは崩壊。

-season2-
ギルドが崩壊した後、同じギルドにいた子に誘われ頭のおかしい人たちがいるギルドに、ここでネットゲームというものについて学ぶ。そしてまた崩壊する。
ちょうどこの頃にpvpを始める。「俺が考えれる一番厨二でカッコイイキャラネームでpvp始めるわ」と宣言し「天地開闢の奇跡」くんが生まれる。正直、恥ずかしい。次のギルドに誘われGDLを+12まで叩くこの時のGDLワンドはアップデートか何かで+13になり今でも宝物である。
あのグレートな形のワンドが好きな人は自分だけではないはず・・・
pvpを観戦したり、動画やブログを見たりして勉強しギルドメンバーとも対戦したりして技量を上げアベレージに乗り込むが当たり前のようにボコボコにされる。そしてギルドの仲の良い人に誘われ個人戦へ入り浸るようになる。
ギルドメンバーと1:1をしたり、個人戦という虚無の時間を過ごし、個人戦に狩りをしにきたアベレージ勢にボコボコにされる日々を1、2ヶ月過ごし、装備が揃っているのになかなか進まないギルドのドラゴンネスト攻略に痺れを切らしていた時、「フラワーガーデン」に誘われる。

-season3-
「フラワーガーデン」ではネスト攻略、pvpというように純粋なドラゴンネストを楽しむことができた。その前はほぼチャット会場と化していた。ここで「きつね弟」と「舞ますん」と出会う。
そこからはアベレージにのみ潜ることになり上の二人を通して「十弐神将」、「カズさん」などと仲良くなる。そしてBDがくるまでvEはまったりになりpvpをますますするようになる。
BDが来てからはまたちょこちょこvEをすることになりがっつり装備を揃えBDをクリア後別ゲーなどに手を出したり「第一回 Bounty Hunter」に賞金首として参加をしたりしていたが「第二回 Bounty Hunter」を境にドラゴンネストにログインしなくなる。CSGO、DAYZやAVAなどにどハマりした。
その後、オンラインゲーム自体をやらなくなり「グランブルーファンタジー」、「シャドウバース」や海外ドラマ漁りをしていたが、「十弐神将」と「カズさん」が新しいギルド「maDog」を設立し面白そうだったので復帰した。
ちなみに、海外ドラマは「ウォーキング・デッド」「ゲーム・オブ・スローンズ」がおすすめです。