Chelky

-Chelky-

Chelkyと書いて「ちぇるきー」と読みます。

ラストJKです。

縛りありアベレージを中心に活動中。
縛りなしや複数戦などちょくちょく顔出したりします。
面白い試合ができるようにをモットーにしてます。

低スペックパソコン、地雷プロバイダ?の為
20時頃〜0時ぐらいまでは高PING。
こちらの画面上ではお互いがラグってる状態で表示される時が多くなる為
正常な判断ができない場合がありますのでご了承ください。

対戦相手に迷惑をかけないように基本的にROM専していますが
気付いたら対戦席に行ってしまったり、部屋を建ててしまったり
PV末期症状です
※出会い目的の方はご遠慮ください

歴史

50キャップ…
ネルウィン出身。
PVE専でSSを作る。SDプラクティスで18コンテ全死。ドラネスにはまる。
知り合いの影響でPVPにも興味を持ち、狩りもできるように闇マセ(ババ)を作る。
アベレージで40スキルを謝って使ってしまう等、黒歴史が始まる。
アベレージはまだ早いと思い、MRの個人戦()に通うのが日課になる。この頃からPVPにはまりだす。

60キャップ…
少し強くなり、個人戦で荒らし撃退、自分より弱い奴(雑魚狩り)や粘着をよくやる。ゴミの極みである。
腕に自信を覚え、アベレージでもある程度いけるだろうと
金階級のグラの1:1へ乗り込み
1ラウンド目、余裕のパーフェクトで1本取られるという恥ずかしい伝説を残した。
井の中の蛙とはまさにこの事。
その腹いせに再び個人戦に戻り、雑魚狩りをして気を紛らわせた。
当時、フレからは「お前ヲリへたくそ」ってよく言われていたのを思い出した

70キャップ…
アクロ修正後(ダブサマCTなど)、なんとなくWWを作り出した。
思ったより面白かったので、ガチでやろうかなと考える。
個人戦()なんかに居たら絶対上手くなれないと確信し、勇気を出してアベレージで練習を始める。
たまに個人戦に行った時、個人戦の王、カガ○氏に襲われ敗北。もっと練習せんとって思った。
当時PVPギルドで活動していた「神と豚」というギルドに勧誘された。
ギルメンの、なでこの○氏が2,3ヶ月くらいセコンド(観戦)に付いてもらい、アドバイスを受けた。ある意味師匠である。
おすすめのアクロを聞いて、TheEd○e氏の1:1部屋でひたすら連戦。通称先生。刺激を受けて超絶努力を始める。
——時は経ち、久しぶりに個人戦を覗いてみたら、カガ○氏が居た。
前の事を思い出し、密かに作っていたサブの無名60WWで粘着をして屈辱の礼参りをした。
テンペもやりたくなって、Chelkyを作る。所詮劣化WWみたいな立ち回りだったので練習を始める。
「牛メガとまと牧場」というギルドに入れてもらい、1:1だけではなく複数戦もやったりした。

80キャップ…
PVEにも興味をしめすようになった。
「神と豚」の面々でネストに行ったりするようになり。
クルセとリッパーを作ってPVEライフを始める。
PVEが下手すぎて直ぐ全死する。
「神と豚」も崩壊状態になり、ギルメンだったもう一人を誘い
大晦日にギルド庫から次元の鍵1000個を山分けでパクってギルド脱退。その後報告。
1:1でちょこちょこ見かけてた初心者?のしそ○り氏にセンスを感じ弟子にする。
後釜になってくれるように育てるのが目標だった。
神と豚の残党一味とMRの民の方と「NobleAlly」という合併ギルドを作り、テンペを移籍させた

90キャップ…
サーバー統合でこれまで知らない人たちと関わる。
かず○ちゃん氏の友達、通称ずっちゃんファミリーの人たちと接点を持ち始める。
ソドのパリスタ無法地帯状態、アクロ下方修正で苗ぽよ。
階級が幻の青階級に近づいたので、階級厨に走る。ひたすら個人戦。
青階級になり休止を視野にいれ、目標に弟子の育成強化を強める。
たまにPCから火ぃ出る時が起こりはじめる。
90キャップ下半期になると、ちょこちょこ昔居た人が復帰してたりした。
BreakP○in氏のチーム戦でちょこちょこ遊ぶようになる。

93キャップ…
WWを「Genius Bar」ギルドへ入れてもらう。
覚醒スキル実装で、アベレージが別ゲーになっていて苗ぽよ。半ばPVPをしなくなる。
ギルドマスターが同じJKということもあって
「わんこちーむ」にサブキャラを所属させ、個人戦で出会い厨行為にひたすら走る。ひたすら。
サブキャラ中心で1:1をするようになったが
時間帯により、PCからオッサンが出てくる現象が起こり、限界を感じる。
しかしPVP末期症状なので、それでも続ける。
久しぶりにテンペを動かした時に、突然、十○神将氏に新ギルドの話を持ちかけられる。久しぶりの会話だった。
一度寝た女の名前は忘れるような人ではない紳士な所に感動し、現在に至る。