-相性とバランス-

ドラゴンネストのPvPは格闘ゲーム。そういったのは我らが主、ドープネス神将さんです。

そうドラゴンネストは格ゲー、然るに、職の相性が出てしまい当然のゲーム。

そしてどちらかと言うと開発はPvEメインに設定している訳ですから格ゲー程バランスも良くない。

つまり強い職弱い職相性が良い職悪い職が生まれてきてしまう訳です。

そんなPvPですが今宵は各職に対するガーディアンの相性を考えていきたいと思います。

★の数が多いほど相性が良いです。


 

グラディエーター

相性-★★☆☆☆

-解説-

まず基本性能がものすごく高い。エリアルに加え、グライムエグザイル、リリーブで復帰スキルも申し分無し。此方の動きに合わせて行動することも可能なので 後出しでスキルを出されてしまうと基本負けてしまう。覚醒トライエッジが非常に強力で、覚醒シールドチャージすらいともたやすく潰されてしまう。どこかしらで読み勝つ必要が あるので相性は良くはない。意外と紙防御なので復帰を全て潰し、一気に火力スキルで押し切りたい。

-もっとも大事にしていること-

自分がグラとの戦いで最も大事にしていることはディープを喰らわないようにすることです。 このスキルが起点になることが多く、グラの最強スキルでもあります。高SA破壊を持ちほぼ全てのスキルが潰れます。 常に頭の片隅にディープの存在を置いておいて、撃たれたらすぐ反応出来るようにしておくのが良いです。それでも喰らってしまう事のが多いですが‥。

ムーンロード

相性-★☆☆☆☆

-解説-

覚醒イクリプスの実装により一気に相性が悪くなった職。高SA破壊、出の速さ共にトップクラスの覚醒イクリプスは覚醒シールドチャージ及びライトニングスマイトでも耐えることが出来ない。また見てから回避も可能では無いが相当難しい。サイクロンスラッシュに嵌ってしまえばエアファランクスで抜けることが(ほぼ)出来なくなり、実質復帰スキルは1個となる。圧倒的な火力を持ちパラですらクレセントグリーブで3割は持って行かれてしまう。ハーフムーンスラッシュEXも高SA、紋章効果による出の速さから潰すことは難しい。こちらも紙防御なので一気に火力で押し切りたいが非常に難しい職。現在のガーディアンで相性が悪い職の1つ。

-もっとも大事にしていること-

やはり覚醒イクリプスを避けなければどうにもならない。基本的に回避スキルでしか避けられないようなスキルなので回避を使ってしまったら覚醒イクリプスを警戒し、なんとかして避ける。これ以上のアドバイスのしようが無いほどのぶっ壊れスキルなので頑張って避けよう。

 

バーバーリアン&デストロイヤー

相性-★★★☆☆

-解説-

マセ系統の職は基本的にこちら有利と言ってもいいのではないか、というのが私の考えです。といっても絶対的に有利という訳では無いです。ディヴァインインベンジェンスがアクティブスキルになったのでサークルスウィング、フライングスウィング、デモリッションフィスト等が一撃で壊せるようになったのがすごく楽になりました。ただしマセ系の職は火力があるため2回エリアルを狩られれば終わったと思ってくれて構いません。特にデストなんかは3連続ロリアタでめちゃくちゃ持ってかれます。ババも火力はありますが立ち回りはババ、デストどちらも共通でとりあえずディヴァインインベンジェンス撃っとけばなんとかなります。がやはり上手い人になるとそうもいきませんね。それを読まれてインパクトブローストンプでディヴァインインベンジェンスを狩られます。なのでそこは読み合いです。

-もっとも大事にしていること-

ストンプの鈍足の最中にエリアルで空中復帰してしまうと危ないです。エリアルは鈍足が切れてから使うのが望ましいですがCT回復の時間も与えてしまうので相手のスキルのCTをよく把握してエリアル後の読み合いを慎重にいきましょう。

 

テンペスト&ウィンドウォーカー

相性-★★☆☆☆

-解説-

復帰スキルはエリアルとキャンセルサークルシュート、それとアクティブローリングである。こちらのエアファランクスはほぼ狩られてしまうため、エリアルのタイミングとその後の読み合いで必ず勝たなければならない。ここで負けてしまうとまた一方的にコンボされてしまう時間になってしまう。エリアル復帰後は高SAの覚醒シールドチャージを撃ちたくなるが、このシールドチャージを読まれてしまうとかなり危険。また、ブルーミングキック、通称ブルミンはこちらのディヴァコンとタイミングが被るとブルミンのが早く被弾し、潰されてしまう。これを潰すにはシールドブローしかないのだが見てからは間に合わないので読む必要がある。もっとも読み合いが多く発生する職だと自分は考えているので次の相手のスキルを考えて読み合いに勝とう。途中のコンボを落とてしまうと相手の復帰のCTと大事な火力スキルを撃つチャンスを逃してしまう。絶対に落とさないようにしよう。

-もっとも大事にしていること-

ブルミンを読むことです。エリアル後、ブルミンとシルチャの撃ち合いになると、ブルミン→他のスキルでシルチャが潰れてしまいます。なのでエリアル後、及び立ち回りの中でブルミンのタイミングを感じて、そこにシールドブローを置いておきましょう。かなり難しく、撃ち負けることもありますがこれが出来るのと出来ないのとではかなり違います。また、キャンサー及びサークルシュートの被弾は極力避けましょう。

リッパー&レイブン

相性-★★☆☆☆

-解説-

圧倒的強職。紙防御だがそれを補えるだけの無敵スキル。そして火力。さらに空中復帰。SA破壊。シルチャにシャドーパンチを合わせられると詰む。正直近接職では勝つのが難しいが、★2なのはガデの硬さと火力があって期待の意味を込めて★2。イズナドロップをアマブレで落とせるかどうかで結構変わってくる。後言えることは、とにかく諦めるな。

-もっとも大事にしていること-

エリアル後、すぐにシルチャをするともれなくシャドーパンチを喰らいます。が何もしないともれなくシフトブローとか喰らいます。こちらの動きに合わせてくるカウンタータイプの忍者に関してはどうしようもありません。適当にシールドブローでもおいておくのがいいでしょう(現実逃避)

 


 

とりあえず今回はここまで!

 

私の完全主観です。

 

でもやっぱり1番大事なのはPSです。PSさえあれば相性の1つや2つひっくり返せます。

 

それでは良いドラネスLIFEを!

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です