パラディンPVP講座卒業編 ドープネス神将のPVP理念

ヘイヨーマザファッカー!!!!

 

 

本日でラスト!

でもお前らはマスト!

赤くて四角いのは・・・

 

 

ポスト!!!!!

 

 

 

 

その卓越した韻でドラネス界を震撼させた・・

 

 

どうも、ドープネス神将です。

 

 

 

 

とうとう最終回。長かったですね。

最後までご愛読、

マジでサンキューな?

(軽っ)

ドラネスを始めて早7年。

その全てをここに収めることができたのではないかと思っています。

もういい歳なので、今後もドラネスを続けていくかどうかはわかりませんが、ドラゴンネストやっててよかったなとつくづく思います。

 

ドラネスは、ゲームの全てが備わったまるで総合格闘技のようなゲームでした。

MMOであり、RPGであり、

FPS要素もあり、格ゲーでもあり、

いろんな人と出会い、いろんな戦いがあり、

とまぁ、感傷に浸るのはまだ早い!!

 

 

最後に咲かせよう!!

 

 

散りゆくも儚き、桜のようなブログ!!!

 

 

 

一輪!二輪!

 

 

 

三輪車ギコギコwww



パラディンPVP講座卒業編

ドープネス神将のPVP理念

 

 

ずっと沈黙してきました。

なぜなら、個々には自由と尊厳がありますから、その自由に自分が自由に口を出しても、火に油を注ぐようなものだなと思っていたからです。

しかしいつかは言わねばなるまいと、 そう思っていたことも事実。

ということなので、

講座最後となる今回は、

「スキルの縛り」と「引き」

について、沈黙を破りお話しようかと思います。

 

 

 

 

今の闘技場には、

縛り有派」と「縛り無派

の派閥が存在します。

スキル縛りというのは、職性能の差を埋めフェアに戦うために先人たちが作り上げてきた暗黙の了解で、昔はスキル縛りが当たり前の時代でした。

PVPは職性能を競うものではなくプレイヤースキルを競うものですから、理に適っていると思います。

攻撃に特化した職もあれば回復に特化した職もあります。それらが戦うわけですから。職の優劣なんてものはすぐ付いてしまうものです。

 しかし、闘技場にMRができた頃あたりから「縛り無派」が現れ、日に日に勢力は拡大しています。

もちろん公式にVPではスキル調整がされていますが、それはダメージによる調整であって仕様による調整は皆無です。

では、

縛り有を禁煙

縛り無を喫煙

 と例えてみましょう。

 

今のアベレージ1:1部屋に縛り無がくるということは、

禁煙でタバコを吸っているようなもので、

非喫煙者の我々は、わざわざ「ここ禁煙ですよ」なんて言いません。

 MRやランク戦という喫煙所があるにもかかわらず、

「外でも吸いたい〜」

なんてだだをこねているようにしか見えません。

しかし我々は非喫煙者であって、

嫌煙家ではありません。

歩み寄れるのであれば、歩み寄りたいと思っています。

 ただこれに関してはタバコと同じで、

「百害あって一利なし」

吸っている人だけが気持ち良い

縛り無というのはそういうことです。

 

 それでもタバコって吸いたいですよね。

タバコくらい好きなように吸わせろよって思いますよね?

そもそもゲームってそういうもんですよね?

 わかります、私もリアルでは本当の喫煙者ですから。

たまに路上喫煙とかやっちゃいます。

それでもやはり私は、社会に溶け込むためにIQOSだけど喫煙所に行ってます。人としてのマナーだと思っています。

 

とあるラッパーさんが言っていました。

「韻を踏めとは言わない、ただ韻を踏むのはHIPHOPへの礼儀だ」と。

要するに、韻を踏まないラッパーは無礼者ということ。

社会のマナーを守れない人は社会不適合者ということ。

ゲームですら不適合者ということ。

 社会不適合者だからネトゲやってんだよw

とかいう屁理屈こねんなよ?

しばくぞ?

禁煙席でタバコふかして、(煙)うめぇ!だの(タール)TUEE!!だの言っている連中に限って、いざ争うと逃げながら戦うような卑怯な奴ら。私はそんな連中の気が知れない。

そもそもどんだけ勝ちてーんだよ

「縛り無」も「引き」も俺から言わせれば一緒だよ

いいよ、だりーからこっちからリタイヤしてやるよ

こちとら勝っても負けてもフェアに潔い戦いしてんだよ

そういった自己独占欲が戦争を生むってことを知れ

 お前らは気にいらねーからって、すぐファールする汚い国と一緒だよ

自分さえよければそれでいいっていうその危ない思考、

震災の時、一目散にコンビニのもの買い漁ったやつらと変わらねーよ

 

 

日本人なら、武士道を学べ!!!!!

 

 

だから私は、そういう連中に負けても「巧い」とは認めない。

「巧い」と「強い」とでは意味が違う。

 

 

 

熱くなりすぎた・・

ふぅ・・

(深呼吸)

 

 

 

 

要するに、そういう連中がさらに現状を悪化させていることに気づいて欲しい。

何度でも言いましょう。

 我々は非喫煙者であって、嫌煙家ではない。

歩み寄れるなら歩み寄りたいと思っています。

ただ、本当に受動喫煙だけは勘弁して頂きたい。

ここでいう禁煙は決して公式ルールではありませんが、

「文化」です。

しかし、文化であって法律ではありません。

したがって禁煙しろという強制力は我々にはありません。

ただ今後路上喫煙するようなら、街行く人に白い目で見られることは覚悟したほうがいい。

喫煙が公式で、それが運営としても本意だ!

というならば、

 それはアベレージ勢我々の不本意です。

せっかくフル装備とアベレージに分かれているんですから。

そう思わない方は、素直にMRやランク戦で戦っていてください。

 

たまに「何縛ればいいですか?」と聞かれることがありますが、残念ながら私の口から各職の縛りを明記することはできません。

 なぜなら、

縛りは本来「これはさすがに強すぎるな」といったスキルを縛るという、ある意味曖昧なものです。

確定で相手の復帰スキルを奪えるもの

回復しすぎるもの

無敵になるもの

1対複数になるもの

自身の心に問うてみてください。

 そうすれば自ずと今自分が縛るべきスキルが見えてくるでしょう。

そして、それらスキルに頼らないことにより、必然的にプレイヤースキルも向上することでしょう。

 スキルに頼った戦術を今こそ変えるときです。

上手いのにスキルに頼ってる人もたくさんいます。もったいない。

そして「引いた」戦い方をする人も同じ。

勝ちたいと思う気持ちはみんな同じ。そう思うのも自由。

だからこそそういった戦い方をするのも自由。

と、いう考え方わかります。

ただ、「正々堂々」という言葉を忘れないでほしい。

あなたが勝ちたいという気持ちが強すぎるが故に行うその「引き」という行動が、相手を不快にさせていることを思い出してほしい。

そんな戦い方で勝って、気持ち良いですか?

それで気持ち良いと思う人は、平気で人を蹴落とすような人です。

自覚しましょう。

ゲームでもなんでも、勝負事は全てスポープマンシップもっこり。

 正々堂々、勝っても負けても気持ち良い試合にすれば良いじゃん?

そう思えることを、わたくし十弐神将は切に願っています。

 

 

 

ドラネスのPVPに幸あれ!

以上!!!



 パラディンPVP講座

完結!!!

 

 

ご愛読、ありがとうございました!

言いたいこと言えたと思います。

今後はPCの不調やリアルでの都合により、ドラネスどころか、PCでのネットゲームにログインしていくことが厳しくなりそうです。

 

なにやらソシャゲがでるみたいですね?

ドラネスのメインキャラのアバター全て同期できるならやってもいいですよ笑

無理でしょうけどね…

 

もともとFPS勢だった自分が初めてのめり込んだMMORPGがドラネス。

 

ドラネスが最初で最期でよかったなと思っています。

 

ドラネスで出会えたキミやキミに感謝。

そしてドラネススタッフにも感謝。

さらば!ドラゴンネスト!!

 

ありがとう!ドラゴンネスト!!

 

 それでは、

君に良いPVPライフを。

十弐神将でした。

 

 

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です