つかいこなす-アーマーブレイク-

へいよーまざーふぁっかー!

 

1回言ってみたかった。こんにちわ!ギャラクシー★鳶岡です。

たまに【鷹】とか【鷲】とかに見間違えられますが【鳶】ですよ!

とだけは言いたい。

 

前回と前々回で闘技の中身ではなく、外側の事について触れてきました。

もう書くことが無くなったので遂に私も中身に移っていきたいと思います。

 

といっても我らがギルマスこと十二神将さんがコンボ等は全て丁寧わかりやすく書かれていますのでそちらを参考にして頂くとして、

じゃあ何を書くかっていうと私が実戦で使っている面白いテクニックや一か八かだけど当たると高リターンが得られるテクニック等を書いていこうと思います。

 

記念すべき初回は -アーマーブレイク–  です。

 


 

 

まず、皆さんに言っておくのはこのアーマーブレイクというスキルはご存知の通り1段目と2段目に別れていると言うことです。

 

 

こちらは2段とも当てた場合。

 

 

こちらは2段目のみを当てた場合です。

 

さて、何が違うかは一目瞭然です。

 

2段ともを当てた場合はまず、1段目で相手をノックバックさせ、2段目で相手をよろめき状態にします。

 

2段目のみを当てた場合はそのままよろめき状態にしていますね。

 

アーマーブレイクはクイックスライド(通常回避スキルですね)でキャンセルなどは出来ません。

 

よって2段目まで打ち切ってからじゃないと無防備な状態になってしまいます。

 

アーマーブレイクの1段目でノックバックさせた時、2段目が当たるよりも早く相手は行動出来ます。

 

つまりその間は無防備な状態となり、相手のスキルで確定反撃が出来てしまう訳です。

 

最も分かり易い例はパラディンのシンブレイカーです。

 

アーマーブレイクの1段目を当てた時点で、相手にシンブレイカーのクールタイムが溜まっていればそこで反撃確定であり、浮かされてしまいます。

 

浮かされると言うことはエリアル(空中復帰)を使わされる、もしくはコンボに持って行かれるということです。

 

パラディンの空中復帰は基本的に1つです。エアファランクスもありますがこちら手動で発動出来るわけではなく、完全に運ゲーなのでどうしようもありません。

 

これは避けておきたい訳ですね。

 

さて、ではアーマーブレイクの2段目のみを当てた場合はどうなるか。

 

動画の通り2段目だけを当てるとノックバック判定は起きず、よろめき状態にだけなります。

 

この状態にすれば相手よりも早く、こちらが動くことが可能です。

 

つまり逆に相手を浮かせることも容易であり、相手の復帰を1つ潰せる、もしくはコンボに持っていけるわけです。

 

ここまで来て私が言いたいことは、相手のスキルをアーマーブレイクで潰す場合、1段目を当てるのでは無く、2段目のみを当てることを心がけて欲しいということです。

 

 

スキルを使って詳しく解説します。

 

例 アーマーブレイクvsライトニングチャージャー

 

最も2段目のみを当てやすい例です。

 

相手がライトニングチャージャーの体制に入った時、1段目を当ててスキルを潰してしまうともれなくシンブレイカーが確定で入ります。

 

こうなってしまった場合、

 

此方の使ったor使わなければならないスキル アーマーブレイクエリアルイベイション

相手の使ったor使わなければならないスキル ライトニングチャージャーシンブレイカー

 

もちろん1段目でライトニングチャージャーを潰している訳ですからチャージャー自体は喰らわないで済みます。

しかし、こちらもエリアルを使うはめになり戦局とては不利な状況となってしまう訳です。

 

では2段目のみを当てた場合はどうなるか。

相手がライトニングチャージャーの体制に入った時、此方はワザとアーマーブレイクの1段目を外し2段目のみを当てるようにします。

この場合、

 

此方の使ったor使わなければならないスキル アーマーブレイク

相手の使ったor使わなければならないスキル ライトニングチャージャーエリアルイベイション

 

このようになります。

 

勿論タイミングよってはライトニングチャージャーに被弾してしまうかもしれません。

 

しかし、それよりも相手にエリアルを使わせることのが遥かに重要なのです。

 

しかしライトニングチャージャー等、見てから間に合うスキルも多数存在しますがそうでないスキルも存在します。

 

そこからはもう読みの世界です。

 

例えば、起き上がり後やエリアル後等はSAがあるスキルを使いたくなるものです。

 

パラならシールドチャージ等ですね。

 

それを読んでシルチャで向かう先にスマイトを撃っておく‥

 

さらに此方はそこまで読んでアマブレの2段目をスマイトに合わせて置いておく‥

 

などなど読み方は無限大です。

 

 

このアマブレを2段目のみ当てる技術はかなり使えます。

 

特にこれでスマイトを潰したりディープを潰したり出来れば最高に気持ちいいです。

 

今回はパラディンのスキルを例に挙げましたが1段目から当ててしまっても相手とはイーブンの関係だと考えて下さい。

 

2段目のみを当てたときにだけ初めて有利をとることが出来ます。

 

もちろん当てづらいですし、あらぬ方向に撃ってしまったりとリスクも当然存在します。

 

 

でも私は、どこがでリスクある行動、読みをしなければ例えば同じくらい上手な方と戦ってるときには勝てないと思っています。

 

 

読み勝てれば気持ちいいですしね。

 

 

なので、「ここだ!」と思うタイミング、場所でリスクある行動をしてみてるのもいいかもしれません。

 

 

今回はアーマーブレイクのテクニックを紹介しましたが、次回はまた別のテクニックを紹介できればいいなと思っています。

 

 

以上、ギャラクシー★鳶岡でした。

 

 

つかいこなす-アーマーブレイク-” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です