PvPにおけるウォーリアのアバターについて!!

はいこんにちは。

第1.3日曜日担当のカズさんです。

今日は題名通り、アベレージ1:1におけるヲリのアバターについて僕の考えを伝えようと思います。

アバターの話になる前に、アベ1:1でヲリ(ここでは主にグラについて)の立ち回りや動きの中で特に大事なスキルである、

サイドキック

についてお話します。

サイドキックは相手との距離を縮めたり、サイドキック分の少しの距離を移動して相手のスキルを避けたりとヲリを使う上で最も重要なスキルです。

この動画のように、コンボに組み込んで距離を縮めて次のスキルにつなげたりと、その用途は多岐にわたります。

アベ1:1をやっているヲリでサイドキックの速度紋章をつけていない人はいないと言っても過言ではないほど鉄板スキルで、これがないとアベ1:1での動きがかなり制限されてしまい、何も始まりません。笑

 

ここで、何よりもスピードを求める僕が考えるアバターあるあるを紹介します。

上記で述べた通り超重要なサイドキックですが、速度紋章だけでなく、

アバターによって蹴る速度が変わります

(真顔)

これは完全に個人的な考えで実際アバターにそんな設定ありません。笑

又、サイドキック以外にも使っている

剣の長さで攻撃範囲も変わってきます

(真顔)

 

個人的に細身のアバターほど蹴り速度が速く、ぶっといほど遅いです。

剣はそのまんまで、長いほど範囲が広いです。

 

では具体的に見てみます!!

<蹴り遅い・剣短い例>

あ~これは遅い。

ヒシヒシと伝わってくるこの遅さ。多分ぷにむの方が速いまである。

太いアバターが空気抵抗ばっちり受けてゴワゴワして遅い。

イメージで言うと「ブォン」って感じのサイドキックではなかろうか。。。。。。。

剣も短いですね~

+13で赤くしたから見せびらかしたい感がにじみ出てますやらしい。()

 

 

 

次に

<蹴り速い・剣長い例>

速い!!!!!!!!!!!

極限まで空気抵抗をなくした細身のフォルムから繰り出されるサイドキックは最早矢のごとし!!!

イメージで言うと「シュッ!!」っていうサイドキックですね!!!

剣も完全にさっきより長いです。

これはいいリーチが期待できそうです。

 

 

 

最後に少し特殊な

<パンツは太いけどバランスがとれていて速い例>

うん。いい。

パンツまでは少し太いけれど、ブーツでシュッとまとめた秀逸スタイル。

第一次アバターはすごい。笑

 

 

てな感じで、アバターによってサイドキックの体感速度が変わってきます。

それと羽ですが

最近はそれほど感じなくなりましたが、

でかい羽は重くて遅い

(上2枚の写真。黒いアバターに合わすためにでかい羽を装備しています。)。

ちょうどいい大きさで、形がきれいな羽は速い(下の写真)

黒滅でも速くけっこういいですが、一番いい羽は「エタニティフロスウィング」と「ベルコンチェウィング」「ルビナートの羽」(名前わからん)」です。

この3つは大きさと形が美しく非の打ちどころがないです。

 

まとめると
・細身アバター速い

・剣が長いと攻撃範囲広い

・羽はでかいと遅い、ちょうどいいやつを探そう

ということで、なかなかマニアックな話をしてしまいましたが、自分が素早く動けるアバターを探してみるのも闘技場の違った楽しみ方としていいかもしれませんね!!!

 

次の更新からはグラのコンボや立ち回りなどの講座ができたらなと思います。

お前がかよwとか言わずにゆる~く見ていってください。

 

ではお疲れさまでしたー!!

 

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です